患者の気持ち

モバイルサイトQRコード

食物アレルギー

当院では、一般小児科の診療に加え、食物アレルギー・気管支ぜんそく・アトピー性皮膚炎を専門に診療を行っています。アレルギーは、長く治療を続けていくため、ご家族の方も含めて病気をしっかり理解し納得して治療していく必要があります。
そのため症状や生活スタイルも含めた環境・状況を細かくお聞かせいただいた上で、相談しながらお一人お一人に合う治療方針を決めていきます。

食物アレルギー

食物アレルギーってどんな病気?

食物アレルギーのイメージ

食物アレルギーとは、食べたり飲んだりした時に食品中のアレルギー物質を取り込むことによって起こる身体のさまざまなアレルギー反応のことを言います。主にじんましんや湿疹などの皮膚症状、下痢、嘔吐など消化器症状、咳やぜんめい(ゼーゼー)などの呼吸器症状が引き起こされます

食物アレルギーの原因となるのは、食物に含まれているタンパク質です。
乳児期に一番多いのが卵・牛乳・小麦で、幼児期にそば、ピーナッツ、魚類、果物などのアレルギーが加わり、学童期から成人にかけては、卵・牛乳が減り、そばや甲殻類が増えてくるのが特徴です。

食物アレルギーの症状が出るまでの時間について、多くは食物を摂取してから約2時間程度でみられる即時型反応ですが、やや遅れて症状がでたりする場合や運動することで症状が出る場合もあります。様子をみていると、だんだん治まっていくこともありますが、なかには短時間で急激に深刻な症状(アナフィラキシーショック)に変化していく場合もありますので、その際は速やかに医療機関を受診していただく必要があります。

食物アレルギーの診断と治療

食物アレルギーの症状が出た際には、血液検査や皮膚テストによりアレルギー症状がどの食品に対して関連しているのかを調べます。実際に検査によりある食べ物が疑われても、必ずしもその食べ物が原因ではないこともあります。

血液検査などの結果だけで食べ物を除去してしまうと、アレルギーの原因ではない食べ物を制限されて栄養が不足してしまう場合もあり、患者さまやご家族の健康や生活のクオリティにも関わってきます。本当に食べられないものは何かを正確に診断するために最終的な方法として、アレルゲンと考えられる食物を実際に少量ずつ食べてみて症状が出現するかどうかの様子をみる食物負荷試験があります。

気管支ぜんそく

気管支ぜんそくとは?

気管支ぜんそくのイメージ

気管支ぜんそくは、気道(空気の通り道)に炎症が起き気道が狭くなるために、咳が出たり呼吸をするたびにヒューヒューやゼイゼイいう音が聞こえ呼吸が苦しくなる病気です。

小児のぜんそくは、1歳くらいから発症することが多いですが、およそ70%~80%は成人になる前に治癒していきます。
ぜんそくは、アレルギーを引き起こす原因物質であるほこりやダニ、ペットの毛などが体内に入り気管支でアレルギー反応がおこったり、風邪やストレスが刺激となりひどくなる場合があります。

気管支ぜんそくの治療

気管支ぜんそくの治療としては、発作の治療と発作を起こさないための予防が大切になってきます。
発作が起こった際は、薬物療法で炎症を抑えます。

また、発作が安定している時は予防のために、自宅からアレルゲンの原因となるほこり・ダニ・タバコの煙などを取り除き環境を整え、規則正しい生活を行いストレスを溜めないことが大切です。
また、ぜんそくに負けない身体づくりとしてぜんそく体操や腹式呼吸、乾布まさつで体力づくりを行うことでアレルギーへの過敏な反応を減少させます。

アトピー性皮膚炎

アトピーのイメージ

アトピー性皮膚炎は、かゆみを伴う湿疹が繰り返し出現する病気で、乳児のアトピー性皮膚炎は、生後数ヶ月以内に顔や頭皮にかゆみを伴う湿疹が発症することが多いです。

小児のアトピー性皮膚炎患者も近年増加傾向にあり、その70%は食物アレルギーを合併していると言われています。
食物アレルギーの他、ダニのアレルギーを持っていたり、またご家族にもアトピーやぜんそく、花粉症などのアレルギー体質がある場合が多いです。

治療については、かくと症状が悪化するのでかかないように気をつけることと、ていねいなスキンケアにより乾燥から肌を守り、皮膚を清潔に保ち、保湿剤やステロイド軟こうを用いて炎症を抑えます。また、食物アレルギーを合併している場合は、食物アレルギーが緩和すると症状もおさまる場合もあります